ハイゼット 働くあなたのいちばんへ。

ハイゼットカーゴ

ハイゼットカーゴ

ハイゼット カーゴは、荷室の長さ・幅・高さのサイズが軽キャブオーバーバンの中でNo.1※1。優れた積載能力と積みおろしのしやすさで、毎日の仕事に大きく貢献します。

荷室上部のスクエア化で空間を拡大。

荷室上部のスクエア化で空間を拡大。

無駄なく荷物が積めるフラットな荷室内部。

無駄なく荷物が積めるフラットな荷室内部。

※1:軽キャブオーバーバンとして、荷室長、荷室幅(4名乗車時)、荷室高でNo.1。2021年12月現在。ダイハツ工業(株) 調べ。他社にも同数値の車があります。
※2:社内測定値 ※3:荷室フロア長:助手席シートスライドを最前端にした際の助手席後端からバックドアまでの長さ。


あらゆる性能を高めたハイゼット カーゴの走りの良さが仕事のパフォーマンスにつながります。

ハイゼット カーゴは、新ユニットのFR用CVTの採用により、あらゆる走行性能を向上。力強い発進性能、長時間の運転も快適で疲れにくい静粛性、そして長距離でも経済的に走れる燃費性能を高めました。

※4:2021年12月現在。ダイハツ工業(株)調べ。他社にも同時に初採用の車があります。


ハイゼット カーゴは、さまざまなシーンを想定した全方位の安全機能を搭載。
毎日の運転で感じる不安や緊張を減らし、ヒヤッとするシーンの回避をサポートします。

Active Safety アクティブセーフティ

Active Safety アクティブセーフティ

クルマだけではなく、夜間の歩行者との衝突回避もサポート。

クルマだけではなく、夜間の歩行者との衝突回避もサポート。


走行中に前方の車両(二輪車、自転車を含む)、歩行者(昼夜対応)を認識し、衝突の危険性があると判断した場合にドライバーへ注意喚起。さらに危険性が高まった場合には緊急ブレーキで減速。衝突の回避や、衝突時の被害軽減に寄与します。

走行中に前方の車両(二輪車、自転車を含む)や歩行者をステレオカメラが検知し、衝突の危険性があると判断した場合、ブザー音とメーター内表示で警告します。衝突の危険性がさらに高まったとシステムが判断した場合、弱いブレーキをかけます。

事前ブレーキが作動している時にドライバーがブレーキペダルを踏み込むと、ブレーキアシストが作動し、ブレーキ制動力を高めます。衝突が避けられないとシステムが判断した場合、強いブレーキで減速。衝突の回避や、被害の軽減をサポートします。

■状況によっては、衝突回避支援ブレーキ機能が作動せず、衝突の回避、被害の軽減ができない場合があります。 ■衝突回避支援ブレーキ機能作動中にアクセルペダルを踏んだ場合等には、作動を解除する場合があります。 ■衝突回避により車両停止後、衝突回避支援ブレーキ機能が解除されます。CVT車はクリープ現象により前進しますので、停止後は必ずブレーキペダルを踏んでください。また、MT車はエンジンが停止します。ただし、クラッチペダルを踏んだ状態では停止しません。 ■衝突回避支援ブレーキ機能は、主に先行車、歩行者に作動します。ただし、電柱、壁などに対しても作動することがありますが、これらへの衝突を回避することを目的とはしていません。 ■歩行者が大きな荷物を持っているなど、ステレオカメラが歩行者として正しく認識できない場合は作動しません。 ■車両、二輪車、自転車、歩行者の割り込み、飛び出しには対応できません。 ■被害軽減ブレーキアシスト機能は、速度差が約30~約120km/h(対歩行者の場合は、約30~約60km/h)で作動します。 ■次のような場合は、適切に作動しないことがあります。●夜間時の対二輪車・対自転車 ●前方の視界が悪い時(強い雨、吹雪、濃霧など) ●前方車両との重なりが少ない時 ●急カーブや急な坂道を走行している時 など 詳しくは取扱説明書をご確認ください。 ■注意事項については、カタログもご覧ください。 ■写真・図は作動イメージです。 ■写真・図のカメラの検知範囲はイメージです。 ■装備類の詳しい設定は主要装備一覧表をご覧ください。


仕事の負担を少しでも軽くするために、ハイゼット カーゴは、自動やワンタッチで行えるうれしい快適装備を豊富に揃えています。

[クルーズターボ、クルーズ(CVT)、デッキバンGにメーカーオプション]

電動でラクに開閉できる両側パワースライドドアを軽キャブオーバーバンで初めて採⽤※5しました。

降車時に車室内のスイッチで予約しておけば、乗車時に電子力一ドキーを持ってクルマに近づくだけで、パワースライドドアが自動で解錠しオープン。

■オープン予約の有効時間は初期設定で3時間です。18時間に設定変更が可能です。 ■室外検知エリアは、ドアの解錠:左右ドアミラーから半径1.5m以内、ドアのオープン:左右ドアミラーから半径1.0m以内となります。 ■オープン機能は予約した側のドアにのみ有効です。 ■オープン機能を使用する場合には、ドアから2m以上離れた位置で周囲の安全を確かめたうえで車両に近づいてください。

[クルーズターボ、クルーズ(CVT)、デッキバンGに標準装備、デラックス(CVT)にメーカーオプション]

■写真はパワースライドドア非装着車

■写真はパワースライドドア非装着車

[クルーズターボ、クルーズ(CVT)、デッキバンGに標準装備、デラックス(CVT)にメーカーオプション]

!注意:植込み型心臓ペースメーカー等の機器をご使用の方は、電波により医用機器に影響を及ぼす恐れがあります。詳しくは販売会社におたずねください。

!注意:植込み型心臓ペースメーカー等の機器をご使用の方は、電波により医用機器に影響を及ぼす恐れがあります。詳しくは販売会社におたずねください。

※5:軽キャブオーバーバンとして、初採用(両側パワースライドドア、ウェルカムオープン機能はメーカーオプションとして初採用)。2021年12月現在。ダイハツ工業(株)調べ。他社にも同時に初採用の車があります。

※5:軽キャブオーバーバンとして、初採用(両側パワースライドドア、ウェルカムオープン機能はメーカーオプションとして初採用)。2021年12月現在。ダイハツ工業(株)調べ。他社にも同時に初採用の車があります。


グレード / カラーバリエーション

グレード / カラーバリエーション

業種やお店の個性に合わせて選べる、 多彩なボディカラー。

業種やお店の個性に合わせて選べる、 
多彩なボディカラー。

標準ボディカラー

標準ボディカラー

   精悍でクリーンな印象の
   シルバーとホワイト。

    ■写真はデラックス。

精悍でクリーンな印象のシルバーとホワイト。

■写真はデラックス。

選べるカラーパック [クルーズターボ、クルーズ、デラックス、 デッキバンGにメーカーオプション]

選べるカラーパック 
[クルーズターボ、クルーズ、デラックス、 デッキバンGにメーカーオプション]

商用車のイメージを変える華やかな色合いの5色。

商用車のイメージを変える華やかな色合いの5色。

■ボディカラーのシャイニングホワイトパール〈W25〉は価格が異なります。
■写真はデラックス。シャイニングホワイトパール〈W25〉はクルーズターボ、オフビートカーキメタリック〈G55〉はデッキバンG。

ハイゼットトラック

ハイゼットトラック

ハイゼット トラックの使い勝手の良い荷台は、軽トラックでNo.1※1の広さです。
荷物をとことん積めるので、仕事の量が変わります。

[ジャンボ エクストラ、エクストラ、スタンダード“農用スペシャル”、スタンダード“農用スペシャル”(スマートアシスト非装着車)に標準装備、ジャンボ スタンダード、ハイルーフ、スタンダードにメーカーオプション]

夜間・朝方の作業など、暗い場所での作業の際に荷台を照らす、LEDの大型荷台作業灯を採用。首振り機構付で荷台全体を照らします。

※1:2021年12月現在。軽キャブトラッククラス。ダイハツ工業(株)調べ。他社にも同数値の車があります。
※2:ガードフレームからテールゲートまでの荷台の長さ。ジャンボは1,670mm。
※3:社内測定値 ※4:ジャンボは1,650mm。 ※5:ジャンボは1,990mm。
※6:軽キャブトラックとして、初採用。2021年12月現在。ダイハツ工業(株)調べ。他社にも同時に初採用の車があります。

※1:2021年12月現在。軽キャブトラッククラス。ダイハツ工業(株)調べ。他社にも同数値の車があります。
※2:ガードフレームからテールゲートまでの荷台の長さ。ジャンボは1,670mm。
※3:社内測定値 ※4:ジャンボは1,650mm。 ※5:ジャンボは1,990mm。
※6:軽キャブトラックとして、初採用。2021年12月現在。ダイハツ工業(株)調べ。他社にも同時に初採用の車があります。


力強くて、静かで、経済的。ハイゼット トラックの走りの良さが、乗る人の仕事を頼もしくサポートします。

新ユニットのFR用CVTの採用により、力強い発進性能をはじめ、長時間の運転も快適で疲れにくい静粛性、そして長距離でも経済的に走れる燃費性能を高めました。

※7:2021年12月現在。ダイハツ工業(株)調べ。他社にも同時に初採用の車があります。

※7:2021年12月現在。ダイハツ工業(株)調べ。他社にも同時に初採用の車があります。


ハイゼット トラックは、さまざまなシーンを想定した全方位の安全機能を搭載。
毎日の運転で感じる不安や緊張を減らし、ヒヤッとするシーンの回避をサポートします。

Active Safety アクティブセーフティ

Active Safety アクティブセーフティ

クルマだけではなく、夜間の歩行者との衝突回避もサポート。

クルマだけではなく、夜間の歩行者との衝突回避もサポート。


走行中に前方の車両(二輪車、自転車を含む)、歩行者(昼夜対応)を認識し、衝突の危険性があると判断した場合にドライバーへ注意喚起。さらに危険性が高まった場合には緊急ブレーキで減速。衝突の回避や、衝突時の被害軽減に寄与します。

走行中に前方の車両(二輪車、自転車を含む)や歩行者をステレオカメラが検知し、衝突の危険性があると判断した場合、ブザー音とメーター内表示で警告します。衝突の危険性がさらに高まったとシステムが判断した場合、弱いブレーキをかけます。

事前ブレーキが作動している時にドライバーがブレーキペダルを踏み込むと、ブレーキアシストが作動し、ブレーキ制動力を高めます。衝突が避けられないとシステムが判断した場合、強いブレーキで減速。衝突の回避や、被害の軽減をサポートします。

■状況によっては、衝突回避支援ブレーキ機能が作動せず、衝突の回避、被害の軽減ができない場合があります。 ■衝突回避支援ブレーキ機能作動中にアクセルペダルを踏んだ場合等には、作動を解除する場合があります。 ■衝突回避により車両停止後、衝突回避支援ブレーキ機能が解除されます。CVT車はクリープ現象により前進しますので、停止後は必ずブレーキペダルを踏んでください。また、MT車はエンジンが停止します。ただし、クラッチペダルを踏んだ状態では停止しません。 ■衝突回避支援ブレーキ機能は、主に先行車、歩行者に作動します。ただし、電柱、壁などに対しても作動することがありますが、これらへの衝突を回避することを目的とはしていません。 ■歩行者が大きな荷物を持っているなど、ステレオカメラが歩行者として正しく認識できない場合は作動しません。 ■車両、二輪車、自転車、歩行者の割り込み、飛び出しには対応できません。 ■被害軽減ブレーキアシスト機能は、速度差が約30~約120km/h(対歩行者の場合は、約30~約60km/h)で作動します。 ■次のような場合は、適切に作動しないことがあります。 ●夜間時の対二輪車・対自転車 ●前方の視界が悪い時(強い雨、吹雪、濃霧など) ●前方車両との重なりが少ない時 ●急カーブや急な坂道を走行している時 など 詳しくは取扱説明書をご確認ください。 ■注意事項については、カタログもご覧ください。 ■写真・図は作動イメージです。 ■写真・図のカメラの検知範囲はイメージです。 ■装備類の詳しい設定は主要装備一覧表をご覧ください。


ワンタッチでエンジンもかかって仕事がスムーズ。
運転もしやすく、毎日気持ち良く使えるパートナーです。

! 注意:植込み型心臓ペースメーカー等の機器をご使用の方は、電波により医用機器に影響を及ぼす恐れがあります。詳しくは販売会社におたずねください。

ジャンボ エクストラ、エクストラに標準装備、ジャンボ スタンダード、ハイルーフ、スタンダード“農用スペシャル”、スタンダードにメーカーオプション

※8:軽キャブトラックとして、初採用(スマートインナーミラーはメーカーオプションとして初採用)。2021年12月現在。ダイハツ工業(株)調べ。他社にも同時に初採用の車があります。


グレード / カラーバリエーション

グレード / カラーバリエーション

業種やお店の個性、お好みに合わせて選べる 豊富な全7色のボディカラー。

業種やお店の個性、お好みに合わせて選べる 豊富な全7色のボディカラー。

標準ボディカラー

標準ボディカラー

■写真はエクストラ。

■写真はエクストラ。

選べるカラーパック [スマートアシスト非装着車を除く全車に メーカーオプション]

選べるカラーパック 
[スマートアシスト非装着車を除く全車に メーカーオプション]

個性豊かな有彩色を含む5つのボディカラーを「選べるカラーパック」としてオプション設定。

個性豊かな有彩色を含む5つのボディカラーを「選べるカラーパック」としてオプション設定。

■写真はエクストラ。ファイアークォーツレッドメタリック〈R67〉のみジャンボ エクストラ。

■写真はエクストラ。ファイアークォーツレッドメタリック〈R67〉のみジャンボ エクストラ。